医薬品販売に関する記載事項»もどる

医薬品販売業許可証

許可区分 薬局開設許可証
許可番号 札保医許可(薬) 第7114号
発行年月日 2017年12月25日
有効期間 2018年1月1日から2023年12月31日
薬局の名称 株式会社二十四軒薬局
薬局の所在地 〒063-0802 札幌市西区二十四軒2条4丁目2番11-106号
電話番号 011-642-3039
時間外電話番号 011-642-2550
FAX番号 011-643-1723
薬局のホームページアドレス http://pharmacy24ken.com/
案内用電子メールアドレス info@pharmacy24ken.com
店舗開店時間 月曜日~金曜日 9時~18時30分
土曜日 9時~13時
休業日 日祝祭日、年末12月31日~翌月1月3日
薬局までの主な利用交通手段 札幌地下鉄東西線 二十四軒駅2番出口そば

医薬品販売に従事する専門家

店舗管理者 薬剤師:高市 和之(タカイチ カズユキ)
登録番号:第217411号
登録先都道府県:愛媛県
登録日:昭和59年7月10日
担当業務:店舗及び特定販売における保管・陳列・販売・情報提供・相談応需・発送
薬剤師の勤務状況 店舗開店時間と同様
店舗管理者以外で店舗に勤務する専門家 薬剤師:高貝 登代美(タカガイ トヨミ)
登録番号:第265105号
登録先都道府県:北海道
登録日:平成2年7月12日
担当業務:店舗及び特定販売における保管・陳列・販売・情報提供・相談応需・発送
薬剤師の勤務状況 店舗開店時間と同様

厚生労働省薬剤師資格確認検索システムへのリンク http://yakuzaishi.mhlw.go.jp/search/
勤務する者の区分 ・薬剤師は「薬剤師」と記した名札と、白色の白衣を着用。
・登録販売者は「登録販売者」と記した名札と、水色の白衣を着用。
・一般従事者は「当店名と氏名」を記した名札と、ピンク色のユニフォームを着用。

取り扱う要指導医薬品および一般用医薬品区分

・対面販売のみ:要指導医薬品、薬局医薬品
・対面および特定販売:薬局製造販売医薬品、第一類医薬品、指定第2類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品

医薬品の特定販売通信手段と販売時間

特定販売通信手段 電子メール、インターネット、電話、FAX
特定販売アドレス http://pharmacy24ken.com
行政監督設備概要 行政が指定した画像伝送設備あり
特定販売時間 店舗開店時間と同様

営業時間外相談対応

転送電話にて相談受付 TEL : 011-642-2550
緊急時等連絡先 TEL : 090-8909-8855
個人情報保護 販売記録の作成にあたって得られた個人情報を、お客様にお断りなく第三者に開示・提供することはいたしません。
詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。
http://www.pharmacy24ken.com/privacy/index.html

医薬品販売店舗の写真

店舗画像1 店舗画像2 店舗画像3

一般用医薬品の販売に関する制度に関する事項

医薬品のリスク区分の定義と解説
要指導医薬品 ・医療用から一般用に移行して間もなく、一般用としてのリスクが確定していない医薬品や劇薬等。
第1類医薬品 ・特にリスクの高い医薬品。
・副作用等が生じる恐れがあり、注意を要するもの。
第2類医薬品 ・リスクが比較的高い医薬品。
・まれに副作用等が生じる恐れがあるもの。
第3類医薬品 ・リスクが比較的低い医薬品。
・身体の変調や不調を生じる恐れがあるもの。
薬局製造医薬品 ・薬局開設者が当該薬局における設備及び器具をもって製造し、その薬局において直接消費者に販売、または授与する医薬品。
医薬品のリスク区分の表示 医薬品パッケージ(外箱・外包)および添付文書にリスク区分を表示します(シール表示も含む)
・要指導医薬品はパッケージに要指導医薬品と表示
・第1類医薬品はパッケージに第1類医薬品と表示
・第2類医薬品はパッケージに第2類医薬品と表示
・第3類医薬品はパッケージに第3類医薬品と表示
・薬局製造医薬品はリスク区分規定がないため非表示
医薬品のリスク区分の情報提供及び指導についての解説 医薬品の情報提供は専門家が対面およびお電話で行います。
・要指導医薬品は薬剤師が書面を用いて情報提供(対面のみ・義務)
・第1類医薬品は薬剤師が書面を用いて情報提供(義務)
・第2類医薬品は薬剤師・登録販売者が情報提供(努力義務)
・第3類医薬品は薬剤師・登録販売者が情報提供(義務無し)
・薬局製造医薬品は薬剤師が書面を用いて情報提供(義務)
医薬品の陳列に関する解説 リスク区分された医薬品は、リスク別に陳列がされます。
リスク別陳列 ・同じ薬効内でも、異なるリスク医薬品が混在しないよう、リスク毎に集めて陳列してあります。
要指導医薬品・第1類医薬品の陳列 ・薬剤師より対面で直接情報提供を受け購入して頂くため、お客様が直接手に取れない陳列となっています。ご希望のお客様は、係員にお申し付けください。
第2類医薬品・第3類医薬品の陳列 ・許可を受けた医薬品売り場内に陳列します。
薬局製造医薬品の陳列 ・店頭に陳列しておりません。相談の都度製造しております。
なお、サイト上では医薬品のカテゴリーごとに、第1類医薬品、指定第2類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品を別々に表示することが出来、かつ、「商品の内容」の欄に下記のリスク表示をしています。
・第一類医薬品には・・・「【第1類医薬品】」
・指定第二類医薬品には・・・「【指定第2類医薬品】」
・第二類医薬品には・・・「【第2類医薬品】」
・第三類医薬品には・・・「【第3類医薬品】」
指定第2類医薬品の注意点および陳列法の詳細 第2類医薬品のうち、特に注意を要する医薬品を指します。禁忌の確認等、薬剤師か登録販売者におたずね下さい。
[1] パッケージに第2類医薬品と表示 *2は丸もしくは四角で囲った表示
[2] 専門家が在席する相談カウンターより7m以内に陳列
医薬品による健康被害の救済について 万一医薬品による健康被害を受けた方は「医薬品副作用被害救済制度」が受けられます。(一部救済が受けられない医薬品があります。)
[1] 窓口:(独)医薬品医療機器総合機構
[2] 電話番号:0120-149-931(フリーダイヤル)
[3] 受付時間:月~金曜日(祝日・年末年始除)午前9時から午後5時30分
[4] ホームページ:http://www.pmda.go.jp/
医薬品の使用期限 医薬品は使用期限から1年を切ったものは販売致しません。
個人情報保護 ・販売記録の作成にあたって得られた個人情報を、お客様にお断りなく第三者に開示・提供することはいたしません。詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。
http://www.pharmacy24ken.com/privacy/index.html
その他必要な事項 [1] 薬剤師不在時は要指導医薬品および第1類医薬品売り場、薬剤師や登録販売者不在時には、医薬品売り場を閉鎖します。(閉鎖時の医薬品販売は法律で禁じられています。)
[2] お薬手帳を活用するなど医薬品の正しい購入と使用に努めて下さい。
[3] 医薬品箱の中に入っている「添付文書」は捨てず、必要に応じ見られるようにしておいて下さい。
・北海道薬剤師会 おくすり相談室 011-815-0093